アルコール依存症 チェック法|ICD−10

ICD−10|アルコール依存症 チェック法

WHO(世界保健機関)が作成したICD−10は
次の6項目のうち3項目以上あてはまれば
アルコール依存症の診断がされる指標となるチェックです。

 

ただ、自分で行うチェックでは無くて
分かりやすい言い回しに変えて医師が質問し
それにアルコール依存症のおそれがある患者さんが答えていくものです。

 

ここでは、各項目を自分やご家族の方にチェックしていただき、
ご参考にしてください。

 

チェック項目:1.飲酒への強い欲望または強迫感
チェック項目:2.飲酒開始、飲酒終了、飲酒量のいずれかのコントロール障害
チェック項目:3.アルコールを中止または減量したときの離脱症状
チェック項目:4.耐性の証拠
チェック項目:5.飲酒のために他の楽しみや趣味をしだいに無視するようになり、
         飲酒時間が増したり、酔いから醒めるのに時間がかかる
チェック項目:6.明らかに有害な結果が起きているのにアルコールを飲む

 

このままでは理解しにくい表現があるので
具体的に説明していきます。

 

別ページで解説していますので、
それぞれのチェック項目の番号ををクリックして下さい。

 

詳細ページにジャンプします。

 

チェック項目:1

チェック項目:2

チェック項目:3

チェック項目:4

チェック項目:5

チェック項目:6

だれでも出来る、”お酒を減らす心の作り方”
>>>方法はこちら